50代の髪型 ミディアム パーマのかけ方

「そろそろ、この髪型おかしいかしら・・・」

「50代って、どんな髪型すればいいの?」

 

みなさんこんな悩みをお持ちです。

50代だから、こんな髪型をしたら恥ずかしいなんてありません。

ただ、少しだけ気をつければ大丈夫です。

 

 

 

 

 

■ミディアムパーマのオーダーの仕方

今まで、ロングでいた方。40代をミディアムで過ごしてきた方は

まだこの髪型で年齢的におかしくないか?

気になるところです。

 

パーマのかけ方としては、トレンドのスタイルをオーダーして

問題ありません。50代になったからといって、ソバージュに

戻す事はないハズです(笑

 

つまり、デジタルパーマに代表される太巻きの自然なパーマ

をオーダーすればOKです。

 

2014y12m04d_072407667

 

 

地味顔のタイプの方は、もう少し長さを短くすることをおすすめします。

パーマの強さは、”Jカール”くらい。クセ毛風のかけ方がよいでしょう。

 

つまり、さらさらストレートの髪質の方以外は、カットだけでパーマは

かけなくても大丈夫です。逆に、場合によって前髪、トップの縮毛矯正

などが必要になってくるかもしれません。

 

 

 

■50代のミディアム注意点

1、長すぎる髪型はNG.

顔立ちやキャラクターなどでお似合いの方もいらっしゃいますが

50代と40代では髪の毛の”ツヤ”が違うのも事実。

後姿でも大体年齢はわかってしまうものです。

 

女優さんでも、ずっと切れない方がいらっしゃいますね^^;

適度な長さを保ち、トリートメントなどツヤ出しを心がけましょう。

 

 

2、白髪を見せない!

2014y12m04d_074043372

 

せっかくの ミディアム パーマも生え際や分け目に白髪が

見えていては台無しです。白髪を見せないようにするのは

ミディアム を続けるうえで大前提になります。

 

でも、こまめに染めましょう!と言っているのではありません。

毛染めの種類にもよりますが、「染めるほど、頭皮も髪も傷む!」

ということを覚えておきましょう。

 

では、どうすればいいのか?

 

洗ったら取れてしまうタイプの毛染めが安心です。

こうやって、染める間隔を少しでも長くあけるのが

薄毛対策と髪のツヤを保つ秘訣です。

 

 

 

まとめますと、髪にツヤのある方はミディアムでもOK

それ以外の方は、長めのショートくらいがいいでしょう。

どちらもトップのボリュームと白髪隠しを意識してください。

 

 

 

以上、参考になれば幸いです。