40代若く見える髪型コツ!

 

私が普段お客さまにアドバイスしている事をご紹介します。

40代が若く見える為の髪型のコツは4つ。

 

 

 

 

1、前髪下げる

これは1番簡単に、自分でも実践できる小ワザです^^

2013y10m26d_220934175 2013y10m26d_220959325

これは、目の錯覚を利用したものです。

前髪をさげることで、顔の面積が1/3~1/4は減ります。

逆に言えば、前髪を上げると老けて(大人っぽく)見えますね。

 

左図のように、分け流しなら40代だって大丈夫です。

 

 

 

 

 

2、顔の周りはパーマをかけない

パーマをかける場合のお話です。

これは、ショート、ロングどのスタイルでもおおよそ当てはまります。

2013y10m26d_223034841 2013y10m26d_223207682

条件が随分と違うのですが、ニュアンスは伝わりますか。

 

”前髪かけなければよかった”という経験をしたことがある方も

わりといるのではないでしょうか。

 

スタイル的に問題があれば、顔回りは極ユルパーマ

にしてもらうのが良いでしょう。

2013y10m26d_222701249

 

 

 

 

 

3、白髪を見せない

これは、当然といえば当然なのですが、常に白髪を見せない。

ということは、なかなか大変で根気のいることです。

よほど意識しないとキープできません。

 

染めすぎはよくないので、カラーファンデ―ションなどで

毛染めと毛染めの間の期間をカバーするといいです。

 

 

また、”分け目のないスタイルにするのも効果的です。

2013y10m26d_225035154

 

 

 

 

 

4、トップにボリューム

頭のてっぺんにボリュームがないととても老けて見えます。

それは、トップピースのCMであなたも確認済みですね。

2013y10m26d_225432889

 

トップにボリュームがないということは、白髪が出ていると

同等のマイナスイメージがあります。

 

手軽にボリュームアップできるのは、やはりパーマでしょう。

この時、カットスタイルはボブ風ではなく、段カットにした方が

ボリュームアップになります。

 

 

 

 

まとめ

パーマなどでトップにボリュームを持たせ、前髪は下げ気味にする。

白髪は小まめにチェックする。パーマをかける時は、顔まわりに

きつくかけない事。となります。
参考になれば、幸いです。