美容室の髪型オーダー法

 

美容室で、今日お願いしたい髪型をどう伝えればいいのか?

これは結構悩みですね。来店前、このことが最大の不安ではないでしょうか。

 

美容師側から見た、”こんな風にしてくれたら、伝わりますよ”

そんなポイントをお話したいと思います。

 

 

 

1、1番の悩み、解消したいことを伝える!

今日、かなえたい髪型はもちろんですが、今一番気になるところを

解決しないことには、美容室に来た意味がないのではないですか?

また、希望のスタイルと悩みは大抵リンクしているものです。

 

まず椅子に座ったら、簡潔に「OOしたい!」と伝えましょう。

「このクセを治したい」

「ココがハネルのを何とかしたい」

「根元の黒髪を明るくしたい」

 

など、なんでもいいです。髪型の相談よりもこちらを先にするべき。

だと私は思います。

 

2013y10m26d_081410617

 

 

2、画像は必須

コレがあると、言葉は半分ですみますので是非、用意して行ったほうが

いいと思います。写メ、プリントアウトした画像、雑誌

なんでもOKです。

2013y10m26d_081619366

どの美容室にもヘアカタログはありますが、そこで焦って探すよりも

じっくり自宅で選んできたほうがいいです。画像の持参は必須だと思います。

 

逆に、画像などで美容師とあなたの求める髪型を共有していなければ

納得のいく仕上がりになる可能性は低いですし、施術している間

ずっと、不安な気持ちで過ごす事になるからです。

 

 

 

 

 

3、かかりつけ美容室を決める

あなたをわかってくれる美容師とめぐり合う。

これが理想ですね^^言葉が要らなくなりますから。

でも、この関係を築くには時間がかかります。

 

2回、3回と通うことで、好みもわかってもらえますし

人対人ですから、美容師側も親しみを覚え感情が入ります。

2013y10m26d_081859896

初対面で、お客さまの希望、人柄を知り尽くすことは難しいです。

ですから、髪型の仕上がりも120%の満足が得られないかもしれません。

個人的には、もう1度チャンスをください。気に入って頂けますから。そうお話します^^

 

 

 

 

まとめ

 

まとめますと、悩みをうちあけて画像を用意して行く。

そして、イマイチ出なければ繰り返し通ってみる。

ということです。

 

 

 

ほとんどのお客さまは、自分の髪質と逆さまを求めること。

画像なども時間をかけて選んでいらしたのであろう。

そんなことを考えながら、みんな接客しています。