食べ物で髪を増やす方法 とは

子供の頃、わかめを食べるといい毛が生える。

なんて事を言われて信じていました^^

 

髪に悪いとは言いませんが、毎日、3食食べたとしても

残念ながら髪が生えてくることはありません。

 

では、食べ物で髪を増やす方法 はないのでしょうか。

発毛に良いとされている食べ物がこちらです。

栄養素 食材 主な効果
ビタミンB郡 肉類。魚介類 髪の毛は、ケラチンというたんぱく質で出来ています。たんぱく質の代謝を良くしたり、アミノ酸(たんぱく質)の生成に必須な栄養素。
たんぱく質 大豆、卵、肉、魚 髪の毛はたんぱく質から出来ています。これは身体の中で作れませんので、食べ物から補います。
ビタミンE アーモンド、ナッツ、ごま 血行を良くする働きがある。育毛には、血行を浴することが重要。
ビタミンA レバー、ほうれん草、にんじん 皮膚や肌の粘膜を健康にする働きがある。

これを見ると、脂肪、炭水化物以外を偏りなく食べなさい。

と言っているような感じですね。

ところで、わかめが入っていませんね。

 

わかめ、ひじきなどが髪に良いとされるのは

見た目が黒いからではなく、”ミネラル”を

含んでいる食べ物だからです。

 

ミネラルは身体の維持や調子を整えたり、欠かす事のできない栄養素です。

でも、量が少なく摂取が難しいので積極的に取りたい栄養素です。

 

ミネラルは発毛というよりかは、髪にツヤを出す。

パサつきやゴワつきを軽減するものと考えてください。

外側から補給するミネラルと言うのもあります。

 

 

まとめますと上記の食材を大量に摂取してもすぐにイコール

髪の伸びる、生えるというものではありません。

しかし、髪の毛にとって重要な栄養素であることに違いはありません。

 

 

育毛作業を実践しながら、さらに食べ物も生活習慣も

気をつけなければいけないと言うことです。
髪の毛を増やす方法>>