ハゲと男らしい肉体は、表裏一体だということ

AGA。1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
AGA=男性型脱毛症と考えてください。

では、一体ハゲはどういったメカニズムで発症するのか
書いてみたいと思います。

 

 

一般にハゲの原因は遺伝であると言われています。
ただ、その原因となる遺伝子は数個あって
それらが絡み合ってハゲになると言われています。

若い時からハゲるか、年を取ってからハゲるか
差はあるけれど、いずれにしても”睾丸”を持っている限りは
いずれAGA.つまりハゲるという事になります。

 

 

睾丸とAGAは、どんな関係があるのでしょうか。

睾丸からは男性ホルモンが分泌されています。
これが精子を作ったり、性器や筋肉の成長を
つかさどっています。

この子孫を残すためのホルモンが思春期以降
悪玉ホルモンに転換されます。これが

”毛乳頭にいくと毛周期を短くする”

たんぱく質を作ってしまうのです。

 

 

人間の毛は、生えて>伸びて>抜けるを繰り返しています。
若いころは6,7年かけて細い毛が太くなり、寿命を全うして抜けます。

この毛周期が短くなると太くなれないまま毛は抜ける。
と言うサイクルになってきます。つまり細く若い毛ばかり
それが進行するとハゲた状態になるわけです。

 

 

また、ハゲやすい人に傾向はあるのか?

ホルモンが多い人はハゲるという事ではなく、少しの量でも
敏感に感じてしまう人が、症状が強く出るという事です。

ということで、男らしさも強いけどハゲも促進してしまう
という事なのです。

 

とはいえ、ホルモンコントロールは素人にはお勧めできません。
外的な対処法ならば、安心ですよね。

厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA