髪の毛 すきすぎ! いつ元に戻る?

「髪の毛を梳かれすぎた!」いつもとにもどりますか?

そんな質問を良く受けます。

 

2000年代に入ると、レザーカット(カミソリ)、セニング(すきバサミ)を

取り入れたカットが大流行しました。これは欧米人の髪型を意識し、

研究して来た日本の美容師のすばらしいアイディアです。

 

それまでは、髪の長さを切ってそこでカットは終了していました。

80年代美容師の道具入れの中には、レザーもセニングも入っていませんでした。

キレイにそろった髪を梳くのはタブーと思われていたのです。

 

 

その後ヘアスタイルの流行は変わり、、”毛量調節”は必須。

なくてはならないものになって行ったのです。

 

このような時代背景から、20~30代の美容師には”髪を梳くこと”に

抵抗がない人が多いのです。現代のカットは”毛量調節”なしでは完成しません。

必須技術なのですが、お客さまの状態を見ながら対応したいものです。

 

 

髪の毛 すきすぎ! いつ元に戻る?

 

かわいそうなほど、梳かれている学生さんや加齢による脱毛が

始まっている60代のお客さまにも、同じように”すきすぎ”の状態が

見られる時があります。

すき1

 

髪を梳くというのは、短い髪を作るという事と同じです。

根元からすかれ、長い髪の毛との差が5センチあるとすれば

単純に5カ月は、辛抱が必要という事になります。

 

 

 

 

髪をすくのは、悪い事ではない!

 

たまに、「髪は一切梳かないで。」とおっしゃるお客さまもいます。

毛先の風合いを出したい時、毛量を減らしたい時、立ち上がりをつけたい時

などは困ってしまいます。これをダメと言われると希望のスタイルが出来ません。

 

すき2

 

 

これは主にショートスタイルの場合ですが、ボリュームを出し

WAXの乗りも良く、とてもスタイリングが楽になります。

求めるスタイルに合わせて、美容師と十分に相談してほしいと思います。