髪が薄くなる原因

髪が薄くなる原因は、単純に遺伝だとかストレス、加齢、毛染めのしすぎ

などいろいろなことが言われています。

 

薄毛については、今までさまざまな対処法を

お伝えしましたので、今回は少し視点を変えて

髪が抜けるとはどういうことなのか。書いてみたいと思います。

 

 

■なぜ男だけが薄くなるの?

男性の若ハゲ(壮年性脱毛症)は結構いらっしゃいますが、若い女性の薄毛は

ほとんど見たことがありません。何が違うのでしょうか。

それは原因が、男性ホルモンにあるからです。

 

 

男性ホルモンは、血液の中を流れています。それが毛乳頭(毛の根元)に

入ってくると、毛母細胞(毛を作っているところ)の活動力は弱くなり

髪の毛は休止期に入ります。そして数ヶ月のうちには抜けてしまいます。

 

2013y11m06d_184033609

 

 

こうなると、毛周期は短くなります。発毛>成長>休止>脱毛の

サイクルが、通常は6,7年のあるものが3,4年と短くなってしまうのです。

毛根を包む毛包も小さくなり、発毛は厳しくなります。

 

 

この男性ホルモンを受け入れる受け皿を持っている人だけが

壮年性脱毛症になるのです。こういった特徴は遺伝によるものです。

 

 

 

 

 

■どうして抜けちゃうの?

髪の毛は、ずっと伸び続けているわけではありません。

人間で例えるなら、赤ちゃんから成人する位までの変化は激しく

別人ののように成長しますね。髪の毛もこれと同じで、下の図の成長期にあたります。

 

 

髪の毛はやがて、遅行期に入ります。髪の毛は成長はせずに

どちらかといえば、ゆっくりと下り坂で抜けるまでの道を

ゆっくりと進んでいきます。人間で言えば30歳から50歳くらいでしょうか。

 

 

そして、遂に休止期に入ります。

毛乳頭は萎縮し、毛包は小さくなります。

しぼんでいくところが人間と一緒ですね。

 

 

2013y11m06d_185302059

 

 

 

髪が薄くなるメカニズムがわかっていただけたでしょうか。

あなたの頭の中では、こんな事が起こっていたんですね。

 

 

 

 

長い間、この遅行期、休止期をいかにして短くするか。

そして、成長期を長くするかの研究が進められてきました。

 

最近では、遅行期、休止期を短くするオウゴンエキスという

成分を使ったものも出てきています。

濃密育毛剤