縮毛矯正の失敗 ぺったんこの修復方法

せっかく、縮毛矯正したのに!クセは取れたけどぺったんこ

そんな体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

特に前髪などは、ぺったんこになってしまい懲りて、もう縮毛矯正はしない!

そんなケースもあります。今回は、その修復方法と失敗しないオーダー

の仕方について、書いてみたいと思います。

 

 

■ぺったんこ髪の修復方法

2014y03m18d_063314766

 

ぺったんこになってしまった髪の毛は、修復できます。

縮毛矯正に限らず、パーマは同じ薬をつけることでリセットされる

仕組みになっています。

 

しかし、ここで問題が2つ。

1つは、2回連続で縮毛矯正をするというリスクの問題。

やり方次第では?という部分もありますが、やらないに越したことはないですね。

 

もう1つは、そのクレームに美容室が対応してくれるかという問題です。

「半月ほど、お待ちいただけば馴染んできます。」といわれるでしょう。

 

2回目は、1度目の時以上に細心の注意が必要です。ダメージはしたけれど、

ぺったんこは治らなかった。そんなケースも十分に考えられます。

前髪のぺったんこなどは,比較的簡単に修復できます。

 

 

 

 

■縮毛矯正の失敗 しないオーダーの仕方

 

ほとんどの美容室が、どのくらいストレートにしたいのか?

十分にカウンセリングをしてから、施術に入っている事と思います。

ただ真っ直ぐすれば喜ばれたのは、10年以上前の話です。

2014y03m18d_063601476

 

上の画像を例にとって説明します。

 

毛先は、内側に入れたいので矯正はしません。

中間部分は、パワーが中くらいの薬液で矯正をします。

ボリュームを抑えたいので、根元付近はしっかりと矯正します。

 

前髪は、ぺったんこの仕上がりにならないように、根元から1/3 だけ

薬液をつけ、毛先は自然に残します。

 

こんな感じです。

 

 

学生さんは、これでもか!というくらいストレートを希望されることもあります。

30代以降になると、髪の毛の衰えもあり、根元までガッツリ矯正してしまうと

頭がぺったんこになってしまいます。

 

トップの根元をあらかじめ、1~2センチあけて薬液をつけていきます。

当然、1~2ヶ月縮毛矯正の賞美期限が短くなります。

それでも、ぺったんこになるよりはまし。そう考える方も多いのです。

 

2014y03m18d_185041193

この部分の根元を少し開ける事をおすすめしています。

 

 

また、フェイスライン(生え際)はクセが特に強い部分です。

トップの延長で、根元をあけてしまっては仕上がりが台無しになります。

つまり、真っ直ぐにしたいところ、ボリュームを出したいところを細かに分けて施術するのです。

 

2014y03m18d_185436168

この部分は、しっかり根元までやりたい部分ですね。

 

 

 

いかがでしたか?あなたが美容室でぺったんこにならないように

参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の失敗 ビビリ毛の原因と治し方>>