前髪の縮毛矯正が自然にできる。

 

縮毛矯正のやりたてって、なんとも不自然ですね。

10日くらいしないと馴染んでこない。

お客さまの半分は、前髪はしない感じです。

 

逆に、前髪だけは絶対にしたい!人もいるでしょう。

フェイスラインは、1番クセが強く出る場所です。

 

何とかならないの?

ということで、最新の情報と美容師へのオーダーの仕方を

解説していきます。

 

■前髪は全部やらない方法

 

2013y10m28d_212551129

図を見て下さい。

 

②の中間部分だけ縮毛矯正をする方法が1つあります。

効果は、根元の立ち上がりを残し、毛先もシャープにならない。

自然な仕上がりが望めます。

 

もう1つの方法として、①だけしないというオーダーが

結構一般的です。根元の浮きが残るので”板のような仕上がり”

になりません。

 

しかし、根元を空けると言うことはそれだけ縮毛矯正の

賞美期限が短くなるということです。

クセの強いあなたは、根元までしっかりする方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

■真っ直ぐになり過ぎない薬

何年も前から、”ライトな縮毛矯正剤”がありました。

本来は、ハイダメージ用の薬剤。これをナチュラル矯正として使うのですが

健康毛ほど、クセが戻ってしまいます。

 

しかし、前髪に使うことで、「クセを出しっぱなしよりはいい」

ということで、自然な仕上がりを求めるあなたにはぴったりですね。

 

2013y10m28d_224707064

 

 

まとめ

以前は、ガッツリと全体にしっかり縮毛矯正していましたが

近年では、やりたいところに好みの強さでストレートをするのが

主流になっています。

 

時には、根元や毛先を外しストレートにしたり

弱めの薬で、自然なストレートに挑戦してください。

担当の美容師に、細かく伝えてみてください。