デジタルパーマから 縮毛矯正へ

 

デジタルパーマをかけてから、どのくらい置けば 縮毛矯正できるのか?

傷みは出ないのか?

デジタルパーマ>>縮毛矯正>>デジタルパーマは可能なのか?

髪を傷ませずに繰り返すには?

 

について書いていきたいと思います。

 

 

■デジタルパーマ>>縮毛矯正はNG!?

いえ、そんなことはありません。このオーダーは結構多いです。

なぜかといえば、縮毛矯正の手入れが究極に楽だったからです。

デジタルパーマはひと手間かかりますよね^^

 

今現在のトレンドは、ストレートではありません。

それでも、毎朝の時間短縮を優先に無難なストレートヘアに

もどす女性が多いのです。

 

縮毛矯正の需要は、落ちません。そのようなこともあり

薬液も技術も10年前とは比較になりません。

最近は、ナチュラル矯正も出来るようになりました。

2013y10m27d_093740168

 

 

 

 

 

■繰り返しによるダメージは?

デジタルパーマ>>縮毛矯正>>そしてまた、デジタルパーマへ戻したい。

こんなわがままな希望もあるでしょう^^

普通だと思います。

 

ヘアスタイルは、飽きるもの。1年も経たずに飽きてしまいますね。

パーマに限らず、髪の色、レイヤーかボブか。前髪はありかなしか。

などなど、みなさんそれを繰り返していくものです。

2013y10m27d_100606742

肝心のダメージはどうなのか?

あります!もちろん^^ ないわけがありません。

続きます・・・

 

 

 

 

 

■上手く繰り返していくには?

単純に出来るだけ期間を空けることは、わかると思います。

施術後の髪は、へとへとに疲れています。

翌月にするのは、早いです。時間を置けば、髪の状態が落ち着くからです。

 

 

あわせて、デジタルパーマから縮毛矯正への繰り返しに

”カット”は必須です。枝毛の髪を残して置いても仕方ありません。

スタイルチェインジには、4,5センチのカットはしたいところです。

2013y10m27d_101747846

 

 

今は、前処理剤(パーマ前につける薬液)が進んでいます。

担当美容師と相談し、最善の方法をとってもらいましょう。

時には止めた方が良い場合もあります。

 

 

あなたは、ロットで巻けばカールに。アイロンでプレスすればストレートに

いつでもなると思っていませんか?

髪の毛にも限界があります。いつでも、初めてのアノ仕上がりにはなりません。

 

 

 

 

まとめ

デジタルパーマから 縮毛矯正へのスタイルチェインジは十分に可能。

期間は、空けるほど良い。施術を行う時はカットは必須。

傷んだ髪に良い仕上がりは望めない。ということです。

 

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

洗い流さない トリートメントで オススメがどれ?>>