40代 おばさんにならない髪型

美容師から見て、おばさんに見えないようにするには

いくつかポイントがあります。

 

来店いただいた時の状態は、みなさん共通する部分があります。

もっとも、前回から1,2ヶ月経過しているのであたり前なのですが

おそらく、美容師が仕上げた状態を自宅で再現できる方は少ないはず。

 

でも、ポイントを抑えればそれは可能になります。

今回はその辺りを解説します。

 

 

■前髪の効果

2014y04m15d_135520771

生えクセもあると思いますが、このような状態の方を

良くお見かけします。

 

40代の前髪は、断然下げることをおすすめします。

若く見えますので^^

 

2014y04m15d_135541650

 

もし、前髪がこのような状態が保てなくなったら

前髪だけを直しに美容室へ行きましょう。

白髪染めや、パーマの周期にあわせてはダメです。

 

 

あごから下を手で隠してみてください。毛先カールも魅力的ですが

老けない、おばさん風にならないようにするには、やっぱり前髪が

ポイントなのです。クセがない方は、ゆるくパーマをかけましょう。

 

 

 

■トップにボリューム

 

これは、1番の難題ですね。なぜかといえば、加齢とともに

髪の勢いが落ちていくことは避けられないからです。

現状をいかにキープするかが最善となります。

 

育毛については、別のページでお話しています。

 

 

2014y04m15d_140056111

 

 

 

 

手っ取り早くボリュームアップするには、やはりパーマをかけることでしょう。

2014y04m15d_140116978

 

 

デジタルパーマをかければ、それですべて解決。

そう思われていらっしゃる方もいると思います。

しかし、自宅でのもうひと手間はとても重要です。

 

上の画像で言えば、シャンプー後乾かしただけでこの状態を

再現できるのかと言えば、そうではありません。

近い感じは出せますが、カーラー、ブローのひと手間が必要です。

 

ではパーマをかけるのと、かけないのとでは何が違うのか?

まず、スタイリングのしやすさが違います。

それと、スタイルを保てる時間が格段に違ってきます。

 

 

 

 

 

■髪のツヤ

 

2014y04m15d_135856473

この画像、前髪は下がっていて若く見えますね。しかし・・・

みなさんが共通しておっしゃるNGワードは、”無理している”

感じを出したくないと言うことです。

 

 

2014y04m15d_135830567

 

 

40代は、さりげなく横に流すくらいがいいでしょう。

以外に知られていませんが、このまま髪がじっとしているなんて

ありえませんよ!スプレーで固めることは必須になります。

 

 

ご紹介したすべてのアフター画像が、ステキに見える共通する部分が

あります。おわかりでしょうか?

 

 

1つはメイクですね。これはもうお話しなくてもみなさんご存知のことと思います。

 

 

40代が おばさんにならない髪型のポイントは、前髪をつくり

トップにボリュームを出し、さらに髪にツヤを出すことです。

 

 

後姿で、何歳くらいなのか想像できるのは、体系、服装と毛のツヤです。

身体全体を見なくてもほとんどの方が、40代の髪を後姿で当てることが出来るでしょう。

それは、毛のツヤ光沢で判断しているからなのです。

 

髪のツヤに関しては、別のページでお話しています。

以上、参考になれば幸いです。