髪質を柔らかく変える方法

 

髪が硬くてハリがある。広がってしまってまとまりが悪い。

そんなあなたに、私の長年の経験談をお話したいと思います。

 

生えてくる髪の毛を別の髪質に変えることはできませんが

既に生えている髪の髪質を柔らかく変える方法はあります。

 

 

■薬で変える

ゴワゴワの硬い髪の毛をパーマやカラーをすることで

柔らかい髪質に変えることができます。

但し、ダメージゼロでというわけには行きません。

 

要するに健康でハリのある髪を薬で変えてしまおうという事です。

髪の毛の内部は鎖のように繋がっています。パーマやカラーは鎖を

切ったり、壊したりするものなのです。

 

 

具体的には、ストレートパーマ、(縮毛矯正ではありません。)

をしたり、髪の色をかなり明るくすると髪質が柔らかく変わります。

 

2013y11m01d_181103413

 

 

しかしこれは、ヘアスタイルに大きく影響するので

あなたのしたい髪型にマッチした時に使える方法です。

 

 

 

 

 

■ケア剤で変える

 

髪が硬い、髪質を柔らかく変えたいあなたにトリートメント(油分)は必須です。

今まで何も使っていないというあなた、ケア剤を是非使ってみてください。

 

ヘアケア剤というのは、たくさんの種類があり、やわらかい髪にはハリコシを

硬い髪はしなやかにする効果が期待できます。

あなたの欠点をカバーしてくれるのが、ヘアケア剤です。

 

2013y11m01d_181341112

具体的には、流さなくていいトリートメントやグロスの入ったWAX

膨らみを抑えるトリートメントスプレー(油)などたくさんの種類があります。

商品名は、いつもの美容師に聞いてみてください。

 

 

どこの美容室にもこれらすべてが、常備されています。

ドラックストアーで買っても、的を得たものにはめぐり合えません。

使い心地の確認できる美容室での購入をおススメします。

 

 

 

 

まとめ

生まれつきの髪質を変えることは出来ないけれど

パーマやカラーをすることで、自分の髪質から脱出する事もできる。

ヘアケア商品を使って、自分の髪質の欠点をフォローしましょう。

 

 

 

 

 

 

洗い流さない トリートメントで オススメがどれ?>>