髪の傷みを治す方法

結論から言ってしまうと、傷んだ髪を治す方法はありません

髪の毛は皮膚と違い、自分で再生する力はありません。

髪の毛は、死んだ細胞なので、治すと言う発想が当てはまらないかも知れません。

 

 

 

そう考えると、私達が普段やっている事。トリートメントをするとか

高いシャンプーを使う。高価なオイルを使う。などが無意味に

思えてきますが、決してそうではありません。

 

 

 

傷んだら切る。しか選択肢がなかったらヘアスタイルが作れません。

パーマをかけたり、カラーをすれば、髪が傷むのはある程度仕方ないことです。

 

そこでいかにして、髪を傷ませずにヘアスタイルを楽しむか

傷んでしまった時のケアの方法が重要になってくるのです。

 

 

 

トリートメントの重要性

傷んだ髪、特に長い髪の毛先にトリートメントは必須です。

ただ過度な期待はしないでください。

トリートメントをしても髪がもとどおりなるわけではありません。

 

 

 

トリートメントは、油分、シリコンであの滑らかさを出しています。

髪がもつれた状態ではスタイリングできません。

そこで、傷んだ髪をシリコンの膜で多い、手入れしやすくするのです。

傷み髪

 

こんなイメージです。

まとめますと、トリートメントでダメージの進行をごまかしながら

出来るだけ早く、傷んだ部分をカットすることをお勧めします。

 

 
”馬油”は浸透がよいと言われていますね。

馬油トリートメント