髪の乾燥を防ぐ方法

空気が乾燥していますね。湿度が30%を切っています。

快適な湿度は40%~60%だそうです。髪の毛も静電気が起きて手入れ

しにくいです。そして乾燥は、髪のダメージに繋がっていきます。

 

私が再三、しつこいくらいに繰り返し言っている

「髪に水分を補給すれば、傷みません!」ということ。

そして自宅で出来る、髪の乾燥を防ぐ方法を書いてみます。

 

 

■小さな心がけが大切

まさかヒーターやストーブで髪を乾かしている人はいないとは思います^^

手軽ですが髪を乾かすには、温度が高すぎるので絶対にやらないほうがいいです。

でも、乾きが早いからあなたもついやってしまうのではないでしょうか。

 

それから、若い世代はないとは思うのですがブラッシングはNGです。

昔はシャンプーの頻度が低く、頭皮のかゆみ取りとカーラーをはずしたあとの

ブラッシングが日常的に行われていました。

 

2014y01m27d_082208471

 

 

ブラッシングは、髪の毛に何キロという負荷をかけます。

シャンプー後、髪をとかすのは濡れている時にもつれを取る程度で十分です。

荒歯のクシで毛先からやさしくとかしましょう。

 

 

 

 

 

■トリートメント(シリコン)を積極的に使う。

この髪をとかす場面で、アウトバストリートメントなどは必須です。

長さが肩よりある、デジパー、縮毛矯正、カラーリングこのどれか1つでも

当てはまるあなたは、ノンシリコンなんて考えなくていいのです。

 

2014y01m27d_082306174

 

 

シャンプーのあとのトリートメントはもちろんのこと、ドライヤー前に、翌朝の

スタイリングの前に、さまざまな形状のトリートメントを使いわけましょう。

ベタつかない商品がたくさんあります。

 

トリートメントは、髪の補修と考えずにスタイリングを手助けしてくれるもの

もつれを軽減し、これ以上髪を傷ませないようにするものと考えましょう。

 

 

 

 

■シリコンを使わずに、水分補給

シリコン(油分)をつけると、髪はやわらかくしなやかになり、ツルツル、サラサラになって

髪が良くなった。治った。と錯覚してしまいます。

しかし、シリコンの膜で覆っただけで状態は変わっていません。

 

それでも、毎日、毎日それを付け続けるわけですから、治ったような感じがするのも当然です。

1日だけトリートメントをつけるのをやめてみましょう。どうなるでしょうか?

髪の毛は、キシキシでクシはまったく通らないはずです。

 

傷んだ毛先は、カサカサの乾燥状態です。この部分に水分を与えると髪の毛は

ツヤとハリ、コシなどが得られます。当然です濡れているのですから。乾けばまた一緒です。

でも、水分を出来るだけ中に留めることができたらどうでしょう?

 

しかし水道水は、簡単に蒸発してしまいます。もし水分が髪の毛の芯まで届き、

それを保つ事ができたら、髪の毛はシリコンを使わなくてもツヤを出すことが出来るのです。

関心のある方は、こちらをご覧ください。

 アルマダ 電子トリートメントの効果