若白髪対処法 目立たなくするには

 

若白髪を減らす特効薬がないのなら、いかに目立たなくする

かがポイントになってきます。その場合、どこにどれくらい

白髪があるのかで、対処法は変わってきます。

 

 

 

■ゴマしお、まだら型、白髪少量の場合

 

2013y10m16d_065457730

 

これは短髪の画像ですが、髪が長くても対処法は同じです。

ぬける量なら、抜いてしまって良いと思います。

数本の白髪のために、残りの99%の髪の毛を傷める必要はありません。

 

但し、根元から切るようにすると良いです。

抜くことを繰り返すと、髪の毛が生えてこなくなることもあるからです。

 

ちなみに、抜いても増えたりしません。

また、抜いた跡にまた出てくる髪の毛は白髪です。

 

 

 

 

 

 

■分け目に白髪10%程度

2013y10m16d_070856453

このようなタイプの場合、シャンプーすると取れてしまう塗る形状の

商品が出ています。

 

2013y10m16d_071332465

 イメージ

この画像ほど、白髪比率が高く伸びてしまっている場合は

毛染めをしたほうがいいでしょう。

 

 

もう1つの対処法として、ヘアスタイルを変える。という方法もあります。

分け目のない髪形にするのです。これは、薄毛の方にも有効です。

パーマをかけてボリュームを出し、短く切るのが基本です。

2013y10m16d_072309246 2013y10m16d_072443357 2013y10m16d_072535094 2013y10m16d_072655875

男女問いませんので、画像をあなたの顔でイメージしてください。

 

 

 

 

 

 

 

■生え際に白髪が出るタイプ

 

この画像は、若白髪とはいえませんがイメージとして見て下さい。

2013y10m16d_072912274

 

このようなタイプの場合は、髪を顔側に流す

フォワードしタイルがおススメです。

2013y10m16d_073045425 2013y10m16d_073246808

 

男女問いませんので、画像をあなたの顔でイメージしてください。

基本的に方ぐらいまでの長さが、バランスがいいです。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?あなたはどのタイプでしょう。

どこに白髪がのかで、対処方法は変わりますが

初期段階なら、この方法で毛染めを回避できます。

 

ある程度、白髪比率の高い場合は毛染めをしながら

この方法で、白髪染めの周期を長くする方法として

考えてください。

 

 

あなたのヒントになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る>>