ホームカラーとサロンカラーの違い

この質問に、一言で答えるなら”仕上がりの違い”です。

その差は、比較になりません。

もっと言えば、「ショートカットでさえ、自分で染めるのは無理です」

 

たぶんみなさんの質問は、ホームカラーとサロンカラーの違いが

ハッキリすれば、納得できれば、お金を払ってでも美容室で

染めてもらうんだけどな。ということではないでしょうか。

 

よく美容室のカラー材は、質の良いものなんでしょ?

と聞かれますが、価格にして2倍3倍するわけではありません。

要するにカラー材の良しあしではないのです。

 

美容師が、ドラックストアで売っているOOカラーで

あなたを染めたら、上手く行くのは想像できるはずです。

そうです。成功の秘訣は直感的にカラー材ではなく、腕の違いである事を知っています。

 

 

車の修理工場で、1番難しいのは塗装の色合わせだと言います。

もちろん塗り方も熟練した技術が必要です。

まさにこれは、美容室の毛染めとピッタリ一致します。

 

 

ホームカラーとサロンカラーの違いは

色選定と塗り方が、決定的に違います。

それを一般の方がマネするのは不可能です。

 

美容室では、単色で毛染めをすることはまずありません。

それは、理論があってカラー材を混ぜているからです。

 

カラー材を塗っていく順序にも理由があります。これは別の項で

説明しますが、マネる事は可能です。

お店で、美容師の塗り方をマネすればいいのです。

 

 

以上が、ホームカラーとサロンカラーの違いです。