パーマを長持ちさせるには?

昭和の時代、パーマはきつく。かかっていないと損という

風潮があり、”盆暮れパーマ”という言葉もありました。

1年に2回しかパーマをかけない。という意味です。

 

その後、自宅に帰ってから手入れしやすいパーマ。

再現性の高いパーマへとシフトしてきました。

強くパーマをかけてしまうと、「あの店は、下手クソ」となったわけです。

 

 

物理的に考えて見ましょう。

髪は、1ヶ月で約1センチ伸びます。ここで、ストレートの方はボリュームが減り

矯正をしているクセ毛の方は、根元に立ちががりが出てくるわけです。

 

このどうしようもない状況を踏まえて、今、かかっている部分をいかにして

持たせるか。言うことになります。正確に言うと持たせるというよりも

「髪型として良い状態を持たせる」ということになります。

 

髪型を長持ちさせるには、ポイントは2つあります。

1つはカットです。パーマの後、1ヵ月後、2ヵ月後スタイルによって

カットすると思います。そこで美容師に「かけずに持たせたい。」と伝えることが1つ。

 

もうひとつは、ご自身のテクニックです。手入れ法のコツを掴むということです。

「ああ、それは無理無理。」と言わないでください^^ 簡単ですから。

美容師のやり方をマネればいいんです。

 

仕上げの時に、自宅での手入れ法を聞けば詳しく教えてくれるはずです。

でも上手くできないのは、みなさんが”自己流”なってしまっているからです。

 

まず、同じスタイリング剤を使うのは大前提です。

今家にあるものでは代用できません。美容師でさえ、的外れなムース、WAX

では、スタイルを作ることは出来ない。ということを覚えておいてください。

 

2013y09m03d_062757844

 

最後に、シャンプーを控えれば、パーマを長持ちさせられるか?

といえばNo!です。直接的にパーマとシャンプーは関係ありません。

 

後は、かかっているパーマをブローで伸ばす。この行為はパーマのダレを早くします。

他には、ホームカラー。これが1番パーマをゆるくしてしまうと考えています。

市販品で唯一、美容師と同じ”薬液”を使うのですから、注意が必要です。

 

また、別の項でお話しますが、”とかしすぎない”ことが大切です。