デジパー とパーマ 違い

デジタルパーマとコールドパーマ(パーマ)の1番の違いは

やはりパーマの風合いでしょう、それまで出来なかった。

「大きくしっかり」かける事が出来るようになったのです。

 

日本人の黒髪を何とか欧米人のようなやわらかなフワフワの

スタイルにできないものか。これが美容師やメーカーの長年の

目標でした。そんな中でカラーやアイロンが流行って行きました。

 

 

しかし、アイロンでセットするにはテクニックが必要ですし

毎日繰り返せば、髪に負担がかかり過ぎます。

従来のパーマでは、大きなカールは出せない。

 

そこで登場したのが、デジタルパーマなのです。

ロット自体が熱を出すので、太いロットでしっかりとかかり

パーマの持ちもデジパーの方がいいです。

 

ただ、太いロット設定がない為にショートスタイルには対応していません。

メインのスタイルは、セミ以上の長さの”巻き髪風スタイル”が対象になります。

 

また、細かいウェーブなどを希望される場合にもデジパーよりも

コールドパーマの方が適しています。

 

どちらのパーマを選ぶかは、自分で決めるのではなく

スタイルの画像を見せて、美容師に判断してもらうのが

良いと思います。

 

 

 

 

 

 

自宅でのデジタルパーマ お手入れ法 反則グッズでセットらくらく>>