デジタルパーマの失敗

デジタルパーマが、上手く行かなかいケースは2つ。

傷んでしまって、毛先がチリチリになった。ゆるすぎてカールが出ていない。

このどちらかではないでしょうか。

 

かかりすぎ、傷みが起きるケース

デジタルパーマが出始めたころ、毛先が傷んむというトラブルがありました。

それは、長時間加温し過ぎるという技術的な事が原因でした。

この為、2回、3回とデジパーをかけると仕上がりは落ちていきました。

 

しかし、現在では作業工程自体が改善され、どのメーカーのデジタルパーマも

加温し過ぎをしない為、このトラブルは減っています。

2013y11m04d_173115953

それでも、毛先のチリつきが起こるのは美容師の”見立ての甘さ”が

原因だと考えられます。特にデジタルパーマをオーダーされるお客さまは

カラーが既に入っている方が多いので、温度設定、前処理、薬液に十分注意が必要です。

 

 

パーマがゆるい、かかっていないケース

次に、パーマがゆるい、かからない原因。

デジタルパーマは、ロット自体が熱を出す構造になっている為

「大きいカールが、しっかりかかる」のが特徴です。

 

ですから、従来のコールドパーマと違い美容師のロット選定の

ミスは考えにくいのです。

 

では、なぜ?かからないのか。

 

これは、”髪の状態”によるものです。

つまり、簡単にいうと”傷んでかからない”というわけです。

 

毛先までのカラーの継続、縮毛矯正とデジタルパーマの繰り返し

さまざまな原因が考えられます。

自分の毛先を見て、「傷んでるな~」と感じたら、カットは必須です。

 

 

 

以前、別の項でも書きましたがストレートの薬を使えば真っ直ぐに

カールの薬を使えばパーマがいつでもキレイにかかるわけではありません。

「ダメージ毛は、すべての仕上がりが上手く行きません」

 

ですから、日頃のケアも大事ですが傷んでしまった毛先に

いくらトリートメントを塗っても解決にはなりません。

(別の項で説明します)

 

 

それよりも、美容室にパーマやカラーに行って

「今日は髪の状態が悪いから、しばらくパーマとカラーはお休みしましょう。」

そうアドバイスしてくれる美容師と出会えるといいですね。

 

 

 

 

 

 

デジパー とパーマ 違い>>