ノンシリコンシャンプーで洗った後に、リンス、コンディショナー、トリートメント

などの”シリコン系”を付けることについて、前々から疑問に感じていました。

 

営業中も、「ノンシリコンシャンプーっていいんですか?」

という質問を度々受けます。そんな時私は、

「流行は、もうじき終わります。」そう答えています。

 

今まで良いとされていた事が、実は全く逆だった。

なんて事が、日常でもたまにあります。

 

私にはどうしても、これからノンシリコンがスタンダードになるとは

思えません。そのような経緯で、メーカーに電話で質問してみました。

 

1.ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないので、キシミ、ゴワツキが出ませんか? 

シリコンを使っていないので、きしみは仕方ない。使い続けると、きしまなくなる。

 

2.シャンプーの成分の中に、「ポリマー」の表示がありますが、ノンシリコンではないのですか?

成分までは、わかりかねるという事でした。

 

3.ノンシリコンシャンプーで洗ったあと、トリートメント(シリコン)を付けるのは矛盾を感じるのですが?

シャンプーにシリコンが、入っているとしっかり汚れを
取ることができない。毛先を中心にトリートメントをつければOK.

 

4.上記、この使用の流れでどんな効果を狙っているのですか?コンセプトはなんですか?

 頭皮はしっかり洗浄し、毛先はシリコンでしなやかにする。

 

5.ノンシリコンシャンプーは、今後定着すると思われますか?

 頭皮の汚れをしっかり落としたい。という方たちに定着すると思う。

 

6.ご自身は、ノンシリコンシャンプーを使っているのですか?また、使用してどうですか?

使っているそう(ご自身は、ショートカットのカラー毛)

長く使っていると、きしまなくなる。

 

以上の回答でした。

 

 

まとめとして、私の意見を書きます。

ノンシリコンシャンプーは、頭皮のよごれ、油分をしっかり洗いたい人に向いている。

例えば、外で遊ぶ小学生、油を1日使っているシェフ、皮脂の分泌過多の人。

 

セミからロングの人は、トリートメントは必須。

肩上の長さの女性は、シリコンの付け分けが出来ないので不向き。

 

「シャンプーは頭皮、トリートメントは毛先!」これを理解しているのは

美容師位だと思います。この事をもっとアピールすれば良いのにな。

そう感じました。

12illust2
コンディショナーまでノンシリコン の物もあります。
参考に^^