50代の髪型 老けないショートのコツ

40代後半から50代になると薄毛、白髪が深刻化し

いったいどんな髪型にすればいいの!

そんな悩みをお聞きします。

 

若く見えて、オシャレで私に似合うショートカットならしてもいいわ♪

ほとんどの方は、こう思っているはずです。

 

40~50代の髪型 ショートで

老けた髪型にならないポイントを解説します。

 

■オシャレに見せるポイント

2014y12m04d_164305254

http://www.den-setsu.net/cnt/den.php?id=6より転載

 

黒木瞳さんに代表されるように前下がりのボブは

手軽にオシャレ度をUPできる髪型です。

 

以前は、スーツを着て働く女性の髪型。そんなイメージでしたが

最近は、ちょっとオシャレな主婦層に多く見られるようになりました。

 

後頭部にくびれがあり(絶壁でない)、小顔の方に特に

おすすめしたい髪型です。

 

この髪型は、襟足を思い切って切れる方でないと上手くいきません。

また,サイドの髪もアゴまで切る事が必須となります。

 

 

 

 

■若く見せるポイント

2014y12m04d_165432739

http://colorismo.ti-da.net/e5237205.htmlより転載

 

すいません。女優さんの画像を出すのは反則だとは思ったのですが^^;

逆に言えば、若く見せるにはやはりメイク&髪型。という事がいえるのです。

 

上の髪型は、そこまでショートにする勇気はない。という方へポイントです。

パーマは基本ゆるめです。ブローでなびかせてしまうと古さが出てしまいます。

 

この髪型を黒髪で再現した場合。パーマがかかってない。ボサボサ。

そう見えてしまうかもしれません。ですから、明るめのカラーリングは必須です。

 

クセ毛の方でしたら、パーマをかけずにカット&カラーでよいと思います。

白髪染めは出来るだけ、明るくオーダーしましょう。

 

 

 

 

 

 

■やってはいけないポイント

2014y12m04d_164631854

 

髪型は、トレンドをおさえていますが”真似してみたい”

そう、思えないのはなぜでしょうか?

 

はい、髪にまったくツヤがないからです。

ツヤだしスプレーや油系のスタイリング剤もいいですが

普段から、カラーのダメージを意識する事、トリートメントが大切です。

 

 

 

2014y12m04d_164656543

 

悪い点は3つあります。

全体にパーマをかけてしまっています。これが老ける原因です。

つむじ付近の部分パーマでOKです。

 

前髪を下げ、残りをバックに流しています。これは、80年代風です。

男女、年齢を問わずに前向き、もしくは横流しにしましょう。

 

顔の大き目の方は、あまり耳周りを短くしない方が無難です。

特にパーマをプラスする場合、老けた感じにならないことを

最優先にするとよいと思います。

 

 

 

 

2014y12m04d_164856725

 

現在でも、強めの髪形はありますがトレンドに逆行しているため

どうしても古さは否めません。カラーを明るくしすぎない。

クセ毛風のゆるさまでなら、印象も違うでしょう。

 

 

以上、参考になれば幸いです。