自分で髪をすくデメリット

ここでは、主に前髪、毛先の髪のすき方についてお話します。

あくまでも、ワンポイントの間に合わせと考えて頂くと良いと思います。

美容室での仕上がりをイメージした・・・

2013y10m25d_083333769

 

このようなスタイルは無理ですので(笑

 

すきばさみは、普通のはさみのように切り口が見えず、素人でもアバウトな仕上がり

にできるのが特徴です。反面これがデメリットにもなります。

長さが残るため、やめ時がわからなくなり切りすぎになるのです。

 

 

 

 

 

すきバサミの準備

すきバサミ(セニング)は、1回ですける量が違うのをご存知ですか?

10%,15%,25%というように髪の毛のすける割合が違います。

すきばさみには、種類があるのです。

2013y10m25d_084304429

 

 

 

美容師は、これを使い分けています。

スーパーなどで売っているすきばさみは、ガッツリと髪が切れます。

ココに、はさみがを入れました!という仕上がりで最悪です。

 

 

 

 

 

 

切り方

IMG_1638

間違ってもこのような角度で、すきばさみを入れてはいけません。

髪がたくさん切れてしまうすきばさみでも、タテにはさみを入れる事で

自然な仕上がりになります。

 

 

 

 

こんな感じです。

IMG_1640

 

 

 

1回切ってはとかし、量の多いところを狙ってすきばさみを入れます。

 

 

 

 

 

まとめ

すきばさみは、タテまたは、斜めに入れる。

1回ずつ、確認しながら切る。ということです。

 

前髪の長さを切る時に、すきばさみ1本で済ましてしまうのも手です。

普通のはさみでは、どうしても切った感が出てしまいます。

そこで、すきばさみを何度も開閉させて長さを短くするわけです。

 

但し、この場合は1,2センチの長さを切る場合です。

たくさん切る場合は、長さを切り終え、すきばさみで調整します。

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

美容師のおすすめ ホームカラー やり方>>