美容師が教える 良い、上手な頭の(髪の)洗い方

頭の(髪の)洗い方なんて、なんでも一緒でしょう。

そんな風に思っているあなた、考えてみてください。ほぼ毎日、一生するであろう

頭の(髪の)洗うという作業。間違っていたら恐ろしい違いがあると思いませんか^^

 

 

■いろいろ言われているけどどれが正解?

なーんてちょっと脅かしましたが、頭の(髪の)洗い方なんてだれからもあらたまって

教えてもらった人はいないはず。他人の洗い方なんて聞きもしないし興味もない。

でもこの先、何千回とすることですから知っていて損はありません。

 

2014y02m03d_073606240

 

 

よくお客さまに質問されるのが、「毎日は洗いすぎでしょ?あぶら取られちゃうでしょ?」

っというご質問。私は「いえ、基本毎日洗ってください。洗浄力の強いシャンプーでなければ

大丈夫です。そう、お伝えしています。

 

他の事でも当てはまりますが、いろいろなやり方を聞いて、良いところだけをチョイスして

自分のやり方が確立できないあなたは、ひとりの意見だけに集中したらいいです。

いつもの美容師のアドバイス通りにやってみてください。

 

私のやり方は後ほど^^

 

 

 

■たぶん、知らないシャンプーの使い方

1

 

こうやって手に出して、頭のてっぺんにベタッ。もう1回出して後頭部にベタッ。

そんな感じでシャンプーを頭につけている方が多いのではないですか。

間違いではありませんけど、もっと、少量で全体に行きわたる方法がこちら

 

 

 

2

えっ?イメージ付きにくいって^^

濡れた手で 泡立てたのです。

予洗いで手は濡れていますね。それを両手で泡立てます。

 

そんなこと!?

そう言わずにやってみてください。

同じシャンプーとは思えないくらい新しい発見があるはずです。

 

 

 

 

■美容師が教えるシャンプーの仕方

①十分に予洗いします。

濡らす程度ではダメです。いつもの倍やってみましょう。

 

 

②髪を洗うのではなく、頭皮をマッサージするというつもりで。

2014y02m03d_073508890

 

この図を思い出して、爪をたてずに頭皮を洗ってください。

 

 

 

③泡を十分に立てる。

先ほどお話しましたとおり、泡立ててから使う事で別物になります。

洗顔を考えてもらうとわかりやすいでしょうか。

 

 

④すすぎは十分に。

予洗いと同様におろそかにされがちなすすぎ。フケ、かゆみの原因になります。

 

 

⑤トリートメントをする。

髪の長さがある程度あるかたは、毛先のすべりを良くすることが

スタイリングのしやすさとダメージ防止になります。

 

 

⑥必ず乾かしましょう。

何度も書いていますが、雑菌が繁殖し臭いもでます。

自然乾燥はデメリットばかり。乾かすことのメリットはたくさんあります。

 

 

 

以上です。参考になれば幸いです。