メリット シャンプー 成分

 

「メリット シャンプーほんとの 評判」からの続きです。

気になる成分ですが、

メリットはノンシリコンシャンプーと成分がほぼ同じって知ってましたか!

 

「へぇ~ じゃぁノンシリコンシャンプーを安く使えるね。」

なんて言わないでくださいね。

もっとも、ノンシリコンシャンプー愛用者には朗報かも知れませんが^^

 

 

 

このサイトを長く見て頂いている方は、私がノンシリコンを推奨しない

事をご存知だと思います。なぜか?油分を根こそぎ取ってしまうからです。

 

 

 

前回の「メリット シャンプーほんとの 評価」の記事にありました。お客さまの声

の中で、すっきり、さっぱり洗える。でも髪がパサパサ、フケが出る。

が、皮脂を根こそぎ取ってしまった結果なのです。

 

 

 

具体的な成分は、”硫酸系”のモノがそれにあたります。

市販のノンシリコンシャンプーを美容師が使ってみました。

を参照してください。

 

 

 

 

■洗剤と変わらない

 

2013y10m21d_002441339

主な成分です。

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液

合成界面活性剤でアレルギーや肌荒れを起こすと言われています。

 

ラウレス硫酸Na

こちらも界面活性剤。非常に脱脂力が強いので頭皮を傷める可能性があります。

 

香料

皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いと言われています。

 

青1

皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いと言われています。

 

グリセリンモノイソデシルエーテル

合成界面活性剤。泡立ちをよくする働きがある。

 

※界面活性剤・・・本来なら混ざり合わない油と水を混ぜ合わせ、汚れを落とす働きのあるもの

※合成界面活性剤・・・化学的に合成されたもので、新しく開発された界面活性剤のこと

※合成洗剤・・・洗浄成分に合成界面活性剤を使っている洗剤のこと

 

 

 

 

■まとめ

以上の事から、ザックリと言えば洗剤に香りを付けたモノ。

ということが言えるでしょう。

 

 

 

次回は、メリット シャンプー 抜け毛についてです。