美容師のおすすめ ホームカラー やり方

こんな事を書くと、同業に怒られそうですが(笑

実際、ホームカラーと美容室カラーの価格の差は

4~5倍はあるのも事実です。

 

私は、普段から

「自分で染めるのはいいんですが、泡カラーはやめてくださいね~」

そんな感じで、お話しています。

 

”白髪染め”に関して言えば

テクニック的なものはあまり必要なく、ツボを押さえて家族に染めてもらえば

70点くらいの出来になる事は、私たちが良くわかっています。

 

現在の美容室は、ホームカラーと共存して行く道が自然だと考えています。

ほとんどの方が、自分で挑戦してみようかしら・・・そう思っています。

 

しかし、白髪の比率が高くなれば素人さんが、上手くできるはずもありません。

傷ませず、ムラなく染めるには、やはりプロの経験がなければ

無理なのです。

 

ですから、私は、2~3回に1度の”美容室での”リセット”

おススメしています。染め残し、ムラムラが1度美容師が染めれば

また、次回はホームカラーが楽になる事をお伝えしています。

 

 

本題です。

ポイントは、

1、ホームカラーは、あくまでも補助的なもので美容室カラーのつなぎである事。

2、基本的に、毛先には薬を付けない。白髪部分だけ染める事。

3、できれば分け目、フェイスラインだけにする事。後は上手くいかないのでしない。

4、マニキュアを強くおススメします。
h2
「市販品で、どのカラーがいいですか?」

 

とよく質問を受けます。商品名まではわかりませんし

どこの物でも良いです。ただ、マニキュアが頭皮、髪の

為には安心です。

 

マニキュアは、回数をやっても平気ですし

髪の艶も出ていいですよ。そう、おススメしています。

しかし、最近は泡カラーに売り場を独占されているようです。

 

話は、それますが泡カラーは良くないですよ。

CM見てると、美容師も買いたくなっちゃいますけどね^^

良くない理由は、また、別のブログで。

 

 

マニキュアが見つけられない方。

こちらは、2週間持つそうです。

私が、メーカーに電話で聞きましたから確かです。

 

自宅で簡単、さらに経済的!こんな白髪染めが欲しかった!