ホームカラー 傷まないやり方

ホームカラーと言っても2種類あります。

1つは、白髪染め。もう1つは、トーンアップ。

ここでは、昔ながらの言い方でおしゃれ染めとして説明していきます。

 

おしゃれ染め

これは、基本的にはご自分でするのは無理です。

理由は、カラー剤の付いている時間が、仕上がりを大きく左右するからです。

美容師も必死の形相で塗ってますよね?それほど難しいのです。

 

もし、学生さんなどで染めるお金がない。と言うのであれば

泡カラーでしょうか。アレで表面だけするとか・・・

 

但し、その後のすべての技術。デジP、矯正、カラーなどの

仕上がりが悪くなることを頭に入れておいてください。

 

 

 

白髪染め

こちらは、自宅という条件で染めることを考えて作られています。

単純にカラー剤が付けば黒く発色するので、難しくはありません。

でも、制限時間はありますよ!

 

テレビを見ながら染めるなんてとんでもないです。

「よく染まるように、時間をたっぷり置いた。」と聞きますが

だれがそういったのでしょう^^

 

オーバータイムで髪は傷み、たびたび言いますが

”1度痛んだ髪は、再生しません。トリートメントは薬ではありません”

放置時間はせいぜい20分。塗っている時間が20分かかれば、合計40分と言うことです。

 

ですから、私は全部塗ろうと思わないでください。とお話しています。

 

 

あまったカラー剤は捨てましょう。もったいなくありません。

それが毛先について、ゴリゴリになるよりずっといいです。

 

カラー剤は置くように(盛る)ように白髪の上に置きます。

コーミングは、一切やめてください。必要ありません。

カラー剤をそいでしまっています。染まらない原因の1つです。

 

 

以上ですが、何か足りない部分があれば質問して頂ければと思います。

 

ホームカラーは、手軽に手に入り多くの方がやっています。

ただトラブルも多いのです。”カラーでかぶれた”というのはほとんど

ホームカラーの話です。美容室ではおこりません。

 

あくまでも薬だと言うこと、間違えると怖いものだと言うことを

知って置いてください。体調が悪い時、外傷がある時は

とても危険です。